作業中

被害が大きい

傷んだ外壁

アライグマの被害と対策について

アライグマによる被害としては、農作物への被害や家屋に浸入し糞尿の被害といったことが多く挙げられます。さらに、雑食性であるため、家庭で飼育している魚や学校で飼育しているニワトリを襲うこともあるようです。家屋へ浸入した場合、天井裏で出産して繁殖してしまいます。アライグマは元々外来種で、ペットとして飼われていたものが捨てられ、繁殖して野生化したと言われています。では、被害に合った場合はどの様に駆除すれば良いのでしょうか。まず、アライグマは凶暴性があるということを知っておく必要があります。警戒心と縄張り意識が強いため、むやみに駆除を行おうとすると人に噛み付いてくる可能性もあるのです。ですので、知識がないまま自分で解決しようとする事は危険です。それでは、駆除方法について二つ紹介します。一つ目は、追い出してから侵入口を遮断すると言う方法です。二つ目は、捕まえてから侵入口を遮断するという方法です。

駆除する方法について

ここからは、駆除方法について具体的に説明していきます。まず、追い出すという方法についてですが、忌避剤や燻煙剤などを使用します。天井裏や床下に散布するという方法をとります。この際、天井裏や床下の構造から脱出口の場所を考慮して作業を行っていきます。次に、捕獲についてですが、これを行う際は県などの担当部署に申請を行わなければなりません。捕獲には、手取りや罠捕獲などの方法があります。以上のような方法でアライグマの駆除を行いますが、何れの方法でも、また新たに侵入されないよう、侵入口の遮断を行うことも大切です。さらに、二次被害の対策も重要になります。ノミやダニへの対策や、糞や巣の除去がこれにあたります。以上のように、アライグマの駆除には正しい知識が必要となりますので、専門業者を頼るなどの対応も検討しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加