作業中

目を覚ます

木の中の虫

実はとても危険な動物です

見た目はかわいいアライグマですが、日本に住み着いてしまったアライグマは害獣となってしまっています。アライグマは雑食性の生き物なので、農作物への被害はもちろんのこと、乳牛の乳首を噛み千切ったり池の鯉を捕食するなど家畜やペットへも被害を及ぼします。また他の害獣と比べ体が大きいため思っている以上に力があります。さらに大人になればなるほど凶暴性がますので、駆除をする際はケガに十分注意しましょう。また仕掛ける罠も幾分強力なものになっているので、仕掛けた罠でケガをしてしまう可能性があります。さらにアライグマは回虫などを媒介しているので、アライグマから噛まれたり、引っ掻かれたりすると感染してしまう恐れがあります。

アライグマに対する認識を改めてみましょう

アライグマの駆除において意外な障害は、駆除に対して否定的な考えを示している団体がいることと、アライグマに対しての認識が薄いことがあります。私の考えですが、確かに見た目がかわいく、処分の方法も現在は殺処分しかできないという事から、かわいそうだという同情もわいてきますが、例えば農業で生計を立てている方、ペットを家族同然にかわいがっている方が被害にあっている現状を見ていると駆除は止むを得ないことだと思います。またアライグマの駆除は自治体が力を入れている分野でもあります。とくにアライグマの駆除に対する理解をしてもらう為の告知活動を積極的に行っているところがほとんどです。これから駆除にあたる方は自治体と協力して駆除しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加